ブログ

  • ki-ke-su

    鍵っ子の危険を未然に防ぐポイントは

    お仕事をしているお母さんや専業主婦でも用事の時などで、子どもに鍵を渡すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな時に子どもに危険なめに合わせない為に注意しておきたいポイントは何でしょうか。 鍵は貴重品の中の貴重 …

  • teashikutibyou

    夏風邪の一種・手足口病とは

    夏はよく汗をかくので子どもが肌にブツブツが出来た時に あせも?虫刺され?と判断しがちですが手足口病かもしれません。 手足口病は、生後半年~5歳くらいまでの乳幼児に多く、手足と口に水泡ができる夏風邪の一種で普段はであまりき …

  • iihahaoya

    子ども預けて友達との食事会はNG?

    「子どもを預けて、エステに行ったりお昼の食事会に行ったりして リフレッシュすると子どもやお父さんに優しくできる。 お母さんが幸せなら子どもも幸せですよね」との意見に様々な反響があったようです。 「子どもの幸せとは母親が決 …

  • onesyo

    おねしょが6歳以降も続いたら要注意

    4~6歳以降でもおねしょが続く場合は、「夜尿症(または遺尿症)」といい検査や治療が必要な場合もあります。尿は、24時間常に作られ続け膀胱に貯められていきます。つまり脳は24時間尿を出してはいけないという指令(排尿時を除く …

  • etano-ru

    色々と便利なエタノールご存知ですか

    エタノールはアルコールの一種で、純度99.5%以上は「無水エタノール」と言われ消毒にもよく使われているのでご存知ではないでしょうか。そんなエタノールは消毒だけでなくお掃除も大活躍してくれます。 赤ちゃんのおもちゃは口にい …

  • nettyuusuru

    「熱中すること」は学び・育つこと

    生まれながらにして知的好奇心があふれている子どもが成長してくると強い興味や熱中に繋がっていき行動し始め新しくできるようになった自分の力を使って試し、発見し、喜びを感じて次の活動へ展開していくようです。子どもが何かに熱中す …

  • kosodateyea

    子育てシェアハウスに様々な意見

    育児のシェアをしようと「子育てシェアハウス」の取り組みに対して否定的な意見が多かったようです。 「子どもに事故があった場合の責任は」「気の弱そうな人に色々な仕事を押し付けるのでは」また、「夫婦間での価値観で子育てを行うべ …

  • gaisyututoire

    トイレトレーニング中の外出での気を付けたいこと

    トイレトレーニングの時期では、イヤイヤ期とも重なりお母さんのストレスが溜まり易い時期かと思います。お母さんが不安だったりイライラしてしまっていると子どもにもその不安が伝わり心理的なストレスが身体症状に現れ頻尿になってしま …

  • bashinetto

    飛行機内でのバシネットって何?

    ”バシネット”とは、飛行機内で利用するベビーベットのことです。(英語では、Baby bassinetベビーバシネット と言えば通じやすいようです)座席の前の壁に取り付けて使用するので、座席の前はギャレーや仕切り壁になりま …

  • aisatu

    挨拶ができる子どもに

    率先して自分から挨拶できる子どもにするためには、どうすればいいのでしょうか?日々の生活での習慣で改善できるようです。 お母さんから少しオーバーに挨拶してみましょう。例えば、子どもに何かもらったら大げさなくらいに「ありがと …

  • nirimonoyoi

    子どもの乗り物酔い対策は

    車で長距離の出かける機会が増えてきます。そんな時の有効だった対策を紹介します。 酔いやすい子どもに”柑橘類”を食べさせていけないとよく言われていますがこれは、柑橘類のジュースやグミも含みます。また、幼稚園のバスでチョコを …

  • tansan

    コーヒーや炭酸飲料は子どもの身体に影響あるの

    コーヒーや炭酸飲料が子どもの身体に与える影響とはどうのようなものがあるのでしょうか コーヒーなどに含まれる”カフェイン”には注意が必要のようです。カフェインには、中枢神経系を興奮させ眠気を覚ます,一時的に集中力を高める作 …

  • yokuiku

    お風呂での”浴育”ってご存知ですか

    親子でお風呂に入りながらコミュニケーションをはかることで教育的な効果を育むという全身浴による”浴育”が注目されているようです。 お父さんとのお風呂時間は、なかなか一人になれないお母さんにとって貴重な時間となるはずです。「 …

  • dadakoneru

    駄々をこねる子どもの対処法と注意点は

    2歳を過ぎると自我が目覚め始め駄々をこねる事も多くなるかとおもいますが理由はなんでしょうか?理由が分かれば関わり方が見つけやすくなります。 子どもは理解して欲しいのに分かってもらえ無い時に駄々をこねるようです。お母さんに …

10 / 26« 先頭...89101112...20...最後 »