ブログ

  • iimamasyoukougun

    いいママ症候群とは

    ”子どもがいい子に育っているかどうか = 自分自身の他人からの評価と考えてしまう。つまり子ども=自分の作品と考えてしまう症状とのこと。このような、いいママプレッシャーに押しつぶされてしまう人はどのような特徴があるのでしょ …

  • syou1nokabe

    「小1の壁」はどう対応するの

    幼稚園・保育園を卒園してホッとしたのもつかの間これまでの働き方の変更を強いられて、働き続ける事が困難になるケースもあるようです。これまでのお母さんはどのように対応しているのかご紹介します。 入学直前の5歳児ワーママの6割 …

  • gakudouminaoshi

    学童保育の基準撤廃へ

    来年度から学童保育の職員配置や資格の基準を撤廃するようです。規制の一部見直しにとどめる予定でしたが、地方自治体の裁量に委ねるべきだとの要望に応えるかたちで児童福祉法の改正をしていくとのこと。 学童保育のニーズは増加してい …

  • infuruyobou

    今シーズンのインフルエンザのワクチンは?

    昨シーズンはワクチンの不足していると言われていましたが今シーズンは大丈夫なのでしょうか?そもそも昨年の不足した理由は、ワクチンの製造に使用するワクチン株が製造過程で変更になったりワクチンが適切であるかどうかをチェックする …

  • umarekakusa

    保活の「生まれ月格差」とは

    保活には、出生タイミングによって明暗が分かれる「生まれ月格差」があるとのこと。 認可園の中には、0歳児の受け入れを『4/1時点で生後57日以降』とする所も多く、2/4以降に生まれた0歳児は4月入園の対象にならなくなってし …

  • WS000003

    学童保育の基準緩和を検討

    小一の壁と言われる小学校入学後に、利用されるご家庭が多いかと思います。保育園では19時まで預かってくれていましたが、小学校では2時3時で下校してしまいます。そんな時に利用する学童保育。その基準を緩和しょうと厚労省が検討を …

  • wakakusa

    乳幼児の死をどう防ぐ

    3日練馬区の認可外保育施設で生後6ヶ月の乳幼児が亡くなる事故がありました。内閣府によると17年までの10年間に保育施設で139件の死亡が発生していて15~17年の35件を分析したところ睡眠中が7割(25件)で、うつ伏せ寝 …

  • WS000003

    子どもの口内炎。ケアと予防方法は?

    口内炎と言っても色々な原因がり、免疫力の低下,睡眠・栄養不足,体調不良等や、ウィルス性のも,外傷によるものがあります。子どもの歯を磨いてあげる場合に、傷を付けないためには気を付けることとは? 歯磨きの時に一番負荷がかかり …

  • syoukibohoiku

    小規模保育所における3歳児の壁とは

    0~2歳児までの小規模保育所では3歳以降の預け先が確保できない限り行き場を失ってしまうとのこと。現状受け皿はまったく足りておらず、この状況を”3歳の壁”と言われているようです。 待機児童解消のために実施された小規模保育所 …

  • miteruyopo-zu

    〇〇するだけで子どもに気持ちが伝わる方法は

    子どもが「ちゃんとやってるかな?」と行動を確認する場面がありす。そのような時には、『見てるよ~!』のサインが重宝します。 見てるよ~ と声掛けすだけでも効果はあるかもしれませんが両手を輪にして目に当てて「双眼鏡のポーズ」 …

  • kodomonaki

    預けたら大泣き。不安にさせない方法は?

    子どもを、園や知り合いなどに預ける時に親から離れられるずに大泣きされてしまう場面があり、お母さんにとってはストレスを感じてしまうことも。どのような対応したらいいのでしょうか? まず前日に子どもにしっかりと納得できるように …

  • toitore

    排泄物は自分のモノ!?子どもの思いは・・・

    トイレトレーニングがなかなか進まなくてイライラするこもあることでしょう。お漏らしを気にしない,ウンチで遊んでしまう,鼻くそを食べてしまうお母さんから「止めて!」と思わず叫んでしまうかもしれませんが子どもはなぜ気にしないの …

  • shizu

    乳幼児突然死症候群(SIDS:シズ)とは

    乳幼児突然死症候群(SIDS:シズ)をご存知でしょうか。乳幼児がなんらかの原因により、何の兆候もないまま死に至る原因不明の病気のことです。昨日まで元気にしていたわが子が突然死んでしまうのです。そんな悲しい出来ごとからわが …

  • koukishin

    好奇心の芽を摘んでしまうNGは

    子どもが好奇心を持つのは発達においても大切な事。そんな子どもの好奇心を育むために避けたいお母さんやお父さんの対応を紹介します。 好奇心は学力のかなめの1つとも言われています。絵本や図鑑を見ていて「次はどうなるの?」「どう …

1 / 2512345...1020...最後 »